3月3日(日)、いわき市と当協会の共催で、市内の留学生と市民との交流会を行い、48名(11か国、ネパール、ミャンマー、ウクライナ、ベトナム、ブータン、マレーシア、ラオス、メキシコ、モンゴル、台湾、日本)が参加しました。

交流会はヘレナストロベリーランド(泉)で、摘みたての新鮮ないちごを存分に味わった後、いわきら・ら・みゅう(小名浜)に移動し、グループに分かれ昼食をとりながら、留学生のお国の話や将来の夢などの話題に花を咲かせました。日本人の参加者は留学生の流暢な日本語に驚きながら、普段は直接、聞くことができない参加者の母国のことについて会話を弾ませ、楽しい時間を過ごしていました。留学生はその後、アクアマリンふくしまを観覧しましたが、館内ではつるし雛や、スイミーの展示もあり、春の気分も味わいながら帰途に就きました。

今回の留学生との交流会には、「いわき平ロータリークラブさん」から14名の参加がありました。また、開催にあたって、多くのご協力をいただきました。深く感謝いたします。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう